読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

i-revoアクセスと契約しIIJmioのFiberAccess/DFサービスを解約する?

アイレボ(i-revoインターネットレボリューション)の情報を得たその夜に、
i-revoアクセスの「500円インターネット(固定IP付)コース」に申し込み、IIJmioのFiberAccess/DFサービスと比較することにした。

 

speedmax.hatenablog.com

 

 

1.アイレボ(i-revo)の「500円インターネット(固定IP付)コース」に申込む

まず、i-revoアクセスのホームページから会員情報(仮登録)入力 - i-revoを行う。その後、i-revoアクセス 500円インターネット お申込みのページから必要事項を入力して申し込みを行う。

申し込みが完了するとすぐ、件名「【i-revoよりご連絡】新規コース申し込みのご連絡」というメールが到着する。受信したメール内で案内されたURLの会員ログイン - i-revoページにログインして、接続アカウントとパスワードを確認する。そのアカウントとパスワードをブロードバンドルータに設定し、接続中のIIJmioを切断させi-revoに接続してみる。

Chromeで問題なくインターネットが利用できることを確認する。また、ブロードバンドルータのグルーバルIPアドレスが、会員サポートページに記載された”割り当てIPアドレス”と一致していることを確認する。
これで接続完了である。i-revoのユーザー登録を行ってからインターネット接続確認まで10分もかからなかった。

2.IIJmioのFiberAccess/DFサービスとアイレボの500円インターネット(固定IP付)コースのスピードテストをする

月の中半にi-revoアクセスと契約したので、月末までIIJmioと併用して利用し速度低下が発生しないようであれば、FiberAccess/DFサービスを解約することにした。
スピードテストは、”BNR スピードテスト”、”RBB SPEED TEST”、”Radish Networkspeed Testing”、”Speedtest.net”を利用した。i-revoと契約した当日は、どのスピードテストでもアイレボでは60Mbps以上の速度が測定された。

一方、IIJmioはというと、ほぼi-revoと同一速度の測定結果だった。IIJmioi-revoをつなぎ替えながら測定したが、その度に一方が速くもう一方が遅いという結果となった。Speedtest.netの測定結果は次の通りである。

 

f:id:speedmax:20170403222916p:plain

金曜日に下り18Mbpsを記録しているが、この当日の測定前に”RBB SPEED TEST”でi-revoが下り6Mbpsという測定表示が出て驚いた。
「ああ、やっぱり安いだけある…。これが網終端装置の原因による「速度低下」か?IIJmioに切り替えてみよう」と、早速IIJmioに切り替えたところ7Mbpsの測定結果だった。
「なんだ、同じじゃないか!?」
i-revoIIJmioのトレースルート(www.iijmio.jpに対して)を取得し両者を比較したところ、ほぼ経路もレスポンスタイムも変わらないことが分かっていたのだが、両者の月額1,500円という価格差は、収容されている網終端装置が違うことからくるのだろうし、仮に同じだったとしても優先制御や帯域制御などで差がつけられているんじゃないか?との憶測を抱いていた。しかし、その憶測を証明する結果を出すことはできなかった。

時間の経過で混雑が緩和されたのか、何度も繋ぎ変えたのがよかったのか、30分後には60Mbpsくらいの測定値が出るようになった。土曜日も13Mbpsと速度低下がみられたが、これも十数分後には解消されている。

3.アイレボ(i-revo)の速度低下が認められないので、IIJmio FiberAccess/DFサービスを解約する

i-revo契約後、午後10時以降にスピードテストで観察を行ったが、体感は20Mbps前後を記録したときも特に遅いと感じることはなかった。そもそも、いままでスピードテストをしたことがなかったため、ある程度の速度低下は発生していたのかもしれない。
あらためて費用を比較すると、以下の表のようになった。

f:id:speedmax:20170403225856p:plain

i-revoは、契約しようと考えていたmio割を適用したIIJmioひかりの月額3,360円より10円安い3,350円である。お求めやすさでは、同じIIJのバックボーンを使用するBB.exciteがあるが、固定IPアドレスは月額2,500円もする。しかし、固定IPアドレスが不要なら乗り換えキャンペーンを利用すると、今回調査した中では最安値でインターネット接続を利用できる。

固定IPアドレスは、自宅サーバーを運用せずゲームもしない今の私にとって宝の持ち腐れだと思っていたが、後に固定IPアドレスが重宝することになるとはこの時は考えていなかった。

IIJmio FiberAccess/DFサービスの解約は、5日必要であるため月末解約から逆算して余裕をもって解約予定日の1週間前に解約手続きを行った。